国土交通省「水の里応援プロジェクト」ver0.3

水の里の旅コンテスト受賞企画

2018年 学生部門【奨励賞】
田辺市

水の森「百間山渓谷」と古の道「熊野古道」

自然 × 歴史 シンクロナイズド・ウオーキング

渡し船やトレッキング、備長炭づくりを体験しながら白浜から熊野古道を訪れる、首都圏の女性へ向けたツアーです。

【審査員の講評】

地域の資源がよく調べられており、古来より水と関わりの深い地域における自然や文化、歴史を体感できるとともに、首都圏の女性を明確なターゲットとし、癒しを求める女性層に好まれる内容となっている。
訪問先に関するガイドができるようタクシードライバーを育成したり、現地ガイドに水と暮らしの関わりを話してもらったりするなど、さらに理解が深まるような工夫ができれば、より印象に残る旅になるだろう。

観光地域名/田辺市
実施時期/春・夏・秋
日程/1泊2日
日程
1日目
南紀白浜空港発(9:00) 安居の渡し場(9:30) 仏坂ウオーキング(80分) 備長炭研究所(炭作り体験60分)(11:10) リバーサイドカフェ四季(昼食 13:10) 清姫の墓(14:15) 福巌寺(14:35) 霧の郷たかはら(宿泊)
2日目
霧の郷たかはら発(8:00) 百間山渓谷(9:10) トレッキング(3時間) 赤木渓水郷(昼食 ※10月以降はシャリ半のお弁当)(13:05) えびね温泉(14:45) 南紀白浜空港(16:20)

受賞者情報

団体名:林 美沙(和歌山大学 観光学部 観光経営学科)
フリーワード検索
地方から検索
都道府県から検索
おすすめ時期から検索
受賞年から検索
2018受賞企画
一般部門【最優秀賞/特別賞「絶景賞」】
学生部門【最優秀賞/特別賞「絶景賞」】
特別賞【観光庁観光資源課長賞】